子供を活躍させるために

>

合格するポイントを知ろう

大きな声で挨拶をする習慣

自分の名前が呼ばれたら、大きな声で挨拶をすると子供に教えてください。
挨拶ができない子供は、悪印象を持たれてしまいます。
元気がないように思われるので、合格できないでしょう。
ミライピクチャーズアカデミーでは、元気な子供を求めています。
何をするにも消極的で声も小さい子供は、希望に一致しません。

挨拶を普段から練習してください。
面接当日に挨拶を実行しようと思っても、緊張もあるのでうまくできないでしょう。
普段から誰かにあったら挨拶をする習慣を身に付けていれば、きちんと当日でも面接官に挨拶できます。
元気に挨拶できるだけでも、面接官から見た印象がかなり変わります。
挨拶は最も基本的なことだと、子供に教えておきましょう。

言葉遣いや正しい態度

子役になると、目上の人とたくさん関わります。
その時に敬語が使えなかったり、マナーが悪かったりすると印象が悪いので、仕事が来なくなるでしょう。
子役として活躍するためには、言葉遣いやマナーも勉強しなければいけません。
子役コースに入ると、ある程度は教えてもらえます。
ですが基本的な言葉遣いもできていない子供は、合格させてもらえないでしょう。

ですから、面接を受ける前にきちんと教えてください。
また面接中は大人しく座っていなければいけません。
子供は緊張したり気分が高まると、立って歩いたりしてしまいます。
ですが落ち着きのない子供は、子役に向いていないと思われてしまいます。
大人しく待っていることを言い聞かせてください。


この記事をシェアする