子供を活躍させるために

>

自己アピールを伝えよう

本番で失敗しないように

自己アピールとして、歌ったりダンスをしたりするかもしれません。
普段はうまくできることでも、本番では緊張しているので失敗するかもしれません。
一生懸命演技することが重要ですが、やはり失敗するとマイナスの印象を持たれてしまいます。
無事に成功すると、才能があると思われるので合格できるでしょう。

面接の日が決まったら、それに向けて練習してください。
子供に1人で練習させるのではなく、親も見ましょう。
見ていると改善点が見つかるかも入れないので、積極的に指導してください。
まだまだ、改善できる部分があるはずです。
ですから客観的に、子供の演技を見ることを心がけましょう。
改善点を指摘する際は、優しい言葉で言ってください。

自分で答えさせよう

いくつか、子供に質問されます。
その時親が答えるのではなく、自分で答えさせてください。
親が勝手に答えていると、子供が何も喋られなくなってしまいます。
すると子供に積極性がないと思われたり、何もできないと感じられたりするので注意しましょう。
子供が戸惑っている時は手助けをしたいかもしれませんが、堪えてください。

面接官は、戸惑った時に子供がどのようにして切り抜けるのかもチェックしています。
全ての質問に親が答えていると、子供が魅力を伝えられるチャンスを奪ってしまいます。
子供が、メインだという認識を忘れないでください。
親に質問された時にだけ、答えてください。
必要以上に前に出なければ、子供の邪魔をしないでしょう。


この記事をシェアする