子供を活躍させるために

>

悪影響を与えないように

親の見た目を考えよう

子供にきちんとした服を着させていれば、自分がどのような恰好でも良いと思っている人はいませんか。
しかし親の見た目も面接でチェックされるので、きちんとした服を着てください。
ジャージで面接に臨むことは絶対にしないでください。
身だしなみを整えることは、人間に欠かせないことです。

汚い恰好で相手に会うと、失礼だと思われてしまいます。
親の言葉遣いやマナーも、もちろん合否に関係します。
心配な人は、子供と一緒に言葉遣いやマナーを勉強しても良いですね。
子供だけに勉強させても、やる気を出してくれないかもしれません。
ですが親が一緒だと、楽しく勉強できます。
マナーや言葉遣いが身につくまで、時間が掛かると思います。
早めに勉強を始めましょう。

絶対に邪魔をしないこと

子供がどんなに良い子で才能があったとしても、親に問題があると不合格になります。
親に問題があると、トラブルの原因になると考えられるからです。
トラブルメーカーになる子供は、子役コースに入れようと思わないでしょう。
ですから親が真面目な態度を見せることが、子供の夢を叶えることに繋がります。

面接は子供が主役ですが、親も見られていると思ってください。
その点に注意していれば、きちんと子供を評価してくれるでしょう。
ミライピクチャーズアカデミーの子役コースに入って、芸能界に進むという夢を叶えさせてあげましょう。
また、子役コースに入ることゴールではありません。
そこからたくさん練習を重ねないと、大きなステージに立てないでしょう。


この記事をシェアする